読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邦楽

せめて一曲だけでも

父から娘へ

f:id:simple-is-the-best-001:20161217001850j:plain


【22曲目】

『ひずみ』HARUHI
https://youtu.be/-GA8uDE89h8


【歌詞抜粋】


『宇宙に生まれた
 奇跡の星の毎日は
 壊れてゆく日への
 ノクターンじゃないから』

『ありがとう 生まれた
 出会えた 花が咲いたこと
 歌った 涙が頬を流れたこと

 あなたが全てを
 教えてくれたということ』 


【作曲者の言葉】


『この曲は私が初めて日本語で歌った曲なんです 
 よ。最初にもらったときは歌詞を理解できていな
 いところもあったと思うんですけど、映画の世界
 を通して改めて歌詞を読み返してみると、その素
 晴らしさがわかってきたというか。その中でも
 「ありがとう」という言葉は自分自身もずっと大
 事にしていた言葉なので。聴く人ごとにいろんな
 世界が思い浮かぶ曲だと思うし、どこかしらグッ
 とくるポイントがあるんじゃないかなって思いま
 す』

『この曲を最初に歌ったのは15歳のときで、その後
 も何度かレコーディングしてるんですよ。なの
 で、(音源には)いろんな時期の声が混ざって使
 われているんです。2年前の歌は今聴くとちょっ
 となまってるというか、日本語の発音が変な部分
 があるなって自分では思うんですよね』


【視聴者の言葉】


・映画『もしも世界から猫が消えたなら』の主題歌
 『ひずみ』が好きで聞いてたんだけど、どことな
 く『Salyu』に似てないか?と思ってたら『小林
 武史』プロデュースか。しかも名前『HARUHI』
 って、なんかやっぱり小林武史の音楽はもはや音
 楽じゃなくて映画、物語っぽい。

・たとたどしさのある歌唱だけど魅力的です。

・『ひずみ』でデビューの『HARUHI』。この声を
 初めて聴いたとき、身体の底から震えました。本
 当にひとりでも多くの人に、歌いだし1フレーズ
 のとてつもない力を感じて頂きたいです!!


【随筆者の言葉】


映画
『もしも世界から猫が消えたなら

の主題歌。

Mr.Children』のプロデューサー
として有名な『小林武史』が作詞作曲。


歌っている女性は
小林武史』の娘らしい。


映画の予告編で
初めて聴いて

一週間くらい
頭から離れなかった曲。


「デビューシングル本気出しすぎて
 次の曲どうすんだ」の典型。

次の曲は
案の定、『ひずみ』を超えられていない印象。

『BANQUET』HARUHI
https://youtu.be/itdRKk1Mjz0

『BANQUET』は、
日本語と英語の使い分けが
かなりルー大柴

ある意味斬新。


でも『BANQUET』は
まだ十代の『HARUHI』が
作詞作曲したのだから

小林武史』の『ひずみ』を
超えられないのは仕方ない気がする。

むしろ十代で、
十分すぎる出来だとも思う。


でもやっぱり

小林武史』が
娘の『HARUHI』の為に
作った曲をもっと
聴いてみたいのが本音である。


小林武史』と『HARUHI』
親子だからこそ作れる曲があると思う。

「運」の難しさ

f:id:simple-is-the-best-001:20161206143848p:plain


【21曲目】

『無縁坂』グレープ
https://youtu.be/ubgloM1LtaE


【歌詞抜粋】


『母がまだ若い頃 
 僕の手を引いて 
 この坂を 登る度 
 いつもため息をついた 

 ため息つけば 
 それで済む 
 後ろだけは見ちゃだめと 
 笑ってた 白い手は 
 とてもやわらかだった』

『運がいいとか 悪いとか 
 人は時々口にするけど 
 そうゆうことって確かにあると   
 あなたをみててそう思う』

『忍ぶ 不忍 無縁坂
 かみしめる様な 
 ささやかな 僕の母の人生』


【作曲者の言葉】


『僕の歌や小説の基盤になっているのは、
 17歳の頃に抱いた「何のために生きているの
 か」という問い。僕は、苦しむことを前提に生き
 ているから、人生から悩みや苦しみがなくならな
 いと思っています。でもやっぱり、苦しみながら
 苦しむのはつらいから、楽しみながら苦しもうっ
 て思います。僕は煮詰まった時、心の中では冷や
 汗をかいていても、「どうにかしちゃおうっ!」
 て、どうにかしちゃう。すると壁が1つ破れるか
 ら、また困難にぶち当たっても、「大丈夫」って
 思う。世の中には、生き生きしている人がいっぱ
 いいるけど、それはみんな、楽しみながら苦しん
 でいるから。本当は楽しめないんだけど、苦しみ
 に立ち向かってエネルギーを発散させている。そ
 ういう姿を歌っていきたいね』


【視聴者の言葉】


・現在、94歳になる母の介護をしています。
 介護は何かと大変だけど、
 そんな時はこの曲を思い出して頑張っています。

・母が最後の命を振り絞って、
 今の家内との結婚披露宴に来てくれたこと。
 今だに感謝してます。
 あの時もう、「体中は、がんに蝕まれていて」
 口内炎やらで大好きなお鮨も一口もせずに、
 ずっと笑顔で私たちのことを見守ってくれた。

・親孝行とは、一緒に楽しく暮らすということも
 あるんでしょうけど、
 生ある限り忘れないということだと思います。
 そうして輪廻の輪は続くんですね。


【随筆者の言葉】


『無縁坂』

という実在する坂を舞台に、

「息子の年老いた母への想い」
を歌った曲。


23歳で、
こんな曲を作って
歌えるのは、
本当にすごいことだと思う。


特に、

自分は

『運がいいとか 悪いとか 
 人は時々口にするけど 
 そうゆうことって確かにあると   
 あなたをみててそう思う』

という歌詞が気に入っている。


なんでも「運」で
片付けたくなることって
誰にでも一度はあると思うけど、

それを口にすること
歌にすること

って一歩間違えると、
すごく軽くなっちゃって、
難しいことだと思う。

でも、
『無縁坂』は、
それが全然軽く感じなくて、

それは、

さだまさし』が、

「息子の年老いた母への想い」
という重くて深いテーマを、

本当に
真剣に考えているからだと思う。


「息子の年老いた母への想い」
というテーマに
向き合うことによって、

「運」を見事に歌っている。


今現在、
自分も23歳だけど、
当時の『さだまさし』ほど
真剣には、
「運」について、口にはできない。


『無縁坂』は、
自分には"早すぎる曲"なので、

是非、歳老いてから、
もう一度聴いてみたいとも思う。 

厨二メンヘラチック

f:id:simple-is-the-best-001:20161130022538p:plain

【20曲目】

『来世で会おう』酸欠少女 さユり
https://youtu.be/G_24WzUxKms


【歌詞抜粋】


『過去は変えられないさって
        何度言われても懲りないのね
 再三再四 振り払えずに
           取り残されてく』

『記憶にすがりつくように
   罰が下るのを待っていたように
        僕が僕自身をこの部屋に
               閉じ込めていた』
  
『冷たく体を覆っている氷は
    自分以外には溶かせないってこと

       もう知っているけど
             気づいてるけど』

『来世で会おう
 それまでどうかお元気で
 すべて間違いじゃなかったと
 信じて僕は 今 歩き出すよ』


【作曲者の言葉】


「幼稚園に通ってたときに、歌で敵を倒すって内容
 の『ぴちぴちピッチ』と、喉の病気にかかった子
 が変身してプロの歌手になる『満月をさがして
 っていう2本のアニメが連続でやってて、それを
 観ながら歌手になる夢を漠然と持ち始めました。
 曲作りを始めたのは中学2年のときで、学校にあ
 まりなじめなくなって「歌でもやろうかな」って
 (笑)。」

「私、ホント生命の危機を感じるくらい友達がいな
 いんですけど、でもたぶん誰かとつながってなき
 ゃ死んじゃうんじゃないかって気もするんです
 (笑)。自分はライブするけど、人のライブを観
 に行ったり好きなものの集団に入ったりすること
 もなくて、ずっと1人で。だからこそライブハウ
 スに行かない、人ともしゃべらない、家からも出
 ないで端っこにいるだけのような人にも自分の音
 楽が届いてほしいって思ってるから。私はいろん
 な人の「1人じゃないよ」ってメッセージを自分
 へのものだってあんまり思えなかったから、今度
 は私が、同じことを感じている人に届けたいんで
 す。」


【視聴者の言葉】


さユりの若くて可愛い声で全力で歌ってる感じが
 本当に好きで特にこの曲厨二入ってると言われる
 かもしれないけど、人生やり直そうぜって前向き
 に言ってくれる感じしてかっこいいです。

さユりさんの『来世で会おう』、
 「懲りないのね」の歌い方すごい好き

・老人介護に疲れたらさユりの『来世で会おう』を
 聞くと、いい感じにリフレッシュ出来る
 ぞ!!!!歌の中でなんか死んだことにしてるみ
 たいだけどな!!!!!!


【随筆者の言葉】


『酸欠少女 さユり』は


変な名前と
売り出し方のせいで

第一印象、
訳わからんって感じがするけど、

実力は本物なので、
是非偏見無しで聞いてみてほしい。

アニメ映像とか
派手な編曲とかもすごいけど

まずは、
歌に集中して聴くのが良いかも?


 

放課後から世界へ

f:id:simple-is-the-best-001:20161123114609p:plain


【19曲目】

『1984』andymori
https://youtu.be/HwUGWHZD6rw


【歌詞抜粋】


『5限が終わるのを待ってた
          訳も分からないまま』

『1984 花に囲まれて生まれた
     疑うことばかり覚えたのは
            戦争映画の見すぎか』

『親達が追いかけた 
 白人達がロックスターを追いかけた
 か弱い僕もきっと その後に続いたんだ』

『ファンファーレと熱狂
 赤い太陽 5時のサイレン 6時の一番星』


【作曲者の言葉】


『自分が思っている本音とか、
 心の奥で思っていることに気づけることが
 喜びなんですよね。そういえばお腹空いてたな、
 とかでも。『ああ、あの懐かしい感じ、この風
 景、この感情』とか。
 そういうものを音楽にしたいなって思うんですよ
 ね。それにふと気付けた時に曲ができるっていう
 感じです。そういう感情をそのままパッケージし
 て出せるのが、音楽のいいところだなと思います
 ね』


【視聴者の言葉】


・『andymori』の『1984』
 を聴いてたら
 地元の景色が浮かんできて
 ノスタルジー

・夕暮れとandymoriの組み合わせの
 素晴らしいたるや。

・CDショップ店員大賞に選ばれたアルバム
 『ファンファーレと熱狂』からのリードソング。
 少し哀愁を帯びた曲調とリリックは
 涙腺を刺激する。


【随筆者の言葉】


「五限が終わるのを待ってた 
 訳も分からないまま」

って歌詞には共感しかない。

誰もが感じる
あの放課後独特の感覚を
再体験することができる名曲。


あの放課後の夕焼けが
あの通学路の公園が

懐かしい思い出が

きっと蘇ってくるはず。

前向きな非リア充

f:id:simple-is-the-best-001:20161110205227j:plain


【18曲目】

『夕暮れメモライザ』神聖かまってちゃん
https://youtu.be/Ga-5IT01LO0


【歌詞抜粋】


「無くしたら少し寂しいかなって
   思ってた そして僕はなくした」

「”諦めなよ” それでも僕 
 少し寂しいから 
 やってみるよ ここからさ」

「夕暮れが少し優しいのは
 僕のせいだ 
 甘えてばかりなんです」

「生きることは 
 なんか苦しいから
 エロビデオ見せてくれ」


【作曲者の言葉】


・大丈夫です。俺ひろゆきさんの
 こと人間として本当に好きなん
 で。やっぱひろゆきさんってナ
 チュラルにキチガイじゃないす
 か。(西村博之との対談にて)

・俺はがんばってますよ。俺なん
 かは俗に言うエセキチガイです
 から。だからこの状況はエセキ
 チガイが本物のキチガイに会っ
 てしまった!っていうことです
 よ。だってひろゆきさん本当に
 あめぞう時代からちょっとおか
 しいですもん、やってること。
 なんであんなことできるんです
 か? 煽られて傷つくこととかな
 いんですか?
 (西村博之との対談にて)


【視聴者の言葉】


・ほぼ歌詞完璧に歌えてる『夕暮
 れメモライザ』を聞けるように
 なってホントに嬉しい。。
 26才の夏休みツアーの時、
 歌詞を覚えられないからってネ 
 ット配信のコメントに歌詞をか
 いてもらってそれを見ながら歌
 うという試みで案の定gdgd
 でって、それももう遠い昔だな
 あ。

・の子さんはよく作るメロディが
 良いと言われるけど、詞こその
 子さんの肝だと思う事ある。の
 子さんにしか描けない世界があ
 る。特に『夕暮れメモライザ』
 なんか詞のどこを切り取っても
 美しい。


【随筆者の言葉】


神聖かまってちゃん』は、

自分の中でかなり好きなバンド。
好き過ぎてコメントを書くのが恐れ多い。


かまってちゃんの、

宅録で音源からPVまで
全部一人で仕上げて
ネットに無料で上げちゃう

って方法は、
自分としてはかなり驚きだった。

しかもそれを
キチガイ行動(交番突撃など)を
することによって宣伝する
というのもすごい。


でも、何よりすごいのは
の子(vocal)自身の才能で、

特に
作詞能力がずば抜けている。

リア充の心に響く歌詞を
めっちゃ量産してくる。

リア充が聴くと、
「そんなレベルで悩んでんのか」
と、思うような歌詞が多い。

例えば、
『美ちなる方へ』という曲では、

サビが
「出かけるようになりました」
と繰り返すだけになっている。

出かけるようになっただけかよ!
と、思うかもしれないが

リア充にとっては
すごいことなのである。

こんな歌詞、
リア充には絶対書けない。


でも、
そんな歌詞ばかりではなくて、

例えば
『美ちなる方へ』では、

「なるべく楽しいフリをするさ
 誰だって」

や、

『死にたい季節』という曲では、

「ねぇ そうだろ
 諦めてると僕らは
 なぜか 少し 生きやすくなる」


など、
リア充以外でも
わりと共感できる歌詞もある。


あと、
最近のかまってちゃんは
キチガイ行動や、
攻撃的な発言も減っており、

わりと一般層に向いている
ところがあるので、

かまってちゃん初期の曲より
全然聴きやすい曲が多くなっている。

初期に比べて
めっちゃ爽やかなイメージ。


しかし私は、
かまってちゃん初期の曲こそ
一般層に聴いてほしいとも思う。

一度、非リア充以外の方々も
異文化交流だと思って聴いてみるのも
良いのではないだろうか?

リア充が『My Hair is Bad』を
聴くみたいに。


『夕暮れメモライザ』は、
メロディも綺麗で
結構、かまってちゃんにしては
前向きな曲なので、

ここから聴いてみるのも
いいかも?


あと、
『ロックンロールは鳴りやまないっ』
は有名すぎるけど、

知らない人は絶対に聴くべき!


最近の曲からだと、
『たんぽぽ』が超名曲です。

このブログに『たんぽぽ』の記事があるので、
URL貼っときます。

http://musicmusic.hatenablog.com/entry/2016/09/18/014406